インターネットを活用

パソコン教育訓練給付金制度が実施されている施設を見つけるにあたってインターネットを活用しない手はありません。検索をすれば数多くの該当施設があるのが分かるでしょう。普通自動車運転免許はもちろん、大型一種や大型二種といった仕事上で必要な免許の場合も該当します。まずはご自身が取得したい運転免許で教育訓練給付金制度が実施されているかどうかをチェックしてみましょう。在職中の方も離職中の方も支給対象者となっている可能性があります。さらに、雇用保険の被保険者であればパートや契約社員の方も支給対象となる可能性もあります。

それぞれの施設によって若干の差はあるものの、大型車の場合は4万円ほどの給付金になります。大型車と大型特殊とけん引の場合は6万円ほどです。この金額を大きいと思うかどうかは人それぞれ異なるものの、やはり小さな金額とはいえないでしょう。教育訓練給付金制度が実施されている施設という条件はあるものの、探すのはそう難しくはありません。

少しでも運転免許を取得する費用を抑えることを考えるにあたって、教育訓練給付金制度は決して無視できないものです。ご自身の求める条件に合致するかを考えるのは当然であり、そのうえで教育訓練給付金制度が実施されているかも注目するようにしましょう。

手続きの流れについて

教育訓練給付金の手続きの手順を間違えてしまうと支給対象外となるため、まずは手続きの流れを覚えていきましょう。まず肝心となるのは教習費用総額を支払い、そして卒業後に給付金申請をして給付支給額が返還される形になります。つまり、合宿免許費用はまずご自身で用意しないといけないということです。後になって給付金支給対象外とならないように、事前にハローワークに足を運んで問題ないかを確認するのがよいでしょう。また、合宿免許先によって教育訓練給付金の支給を行っている場合もあればそうでない場合もあります。どちらであるのかも事前に確認が必要です。

ハローワーク受講終了後1か月以内にハローワークで支給申請手続きを行う必要があります。提出しないといけない書類は教育訓練給付金支給申請書、教育訓練終了証明書、運転免許証をはじめとする本人確認書類などです。すべての手続きを終えると、およそ1週間で指定口座に給付支給額が振りこまれます。

一見面倒に思える手続きではあるものの、それほど難しい手続きではありません。分からないことがあればハローワークの職員に聞いて対応していけばよいでしょう。まずはご自身が給付対象者であるのかを把握することであり、ハローワークに足を運ぶのがよいといえます。

合宿免許と給付金

教習所合宿免許先を選ぶにあたってさまざまな要素を加味するのが基本中の基本となります。料金や設備、あるいは食事やレジャー施設の有無などです。すべてを総合してよいと思った施設を選択すれば、後に後悔することはないでしょう。そして、教育訓練給付金制度にも注目した方がよいです。この教育訓練給付金とは、雇用安定あるいは再就職の促進を図ることを目的とした雇用保険の給付制度となります。一定の条件を満たせば、教育訓練費用の一部が支給されるものです。最高で10万円までの給付を受けられるのは魅力的と思う方もいるでしょう。

条件は多岐にわたっています。通算3年以上雇用保険を納めている方、65歳以下の方、初めて教育訓練給付金を受けられる方で通算1年以上雇用保険を納めている方といった条件があります。この条件を満たしているかどうか分からない場合は、その地域にある、ハローワークの「支給申請手続きリーフレットを見れば分かるでしょう。運転免許を取得したいとは思うものの、やはりネックになるのはその費用です。就職をするうえで役立つのはいうまでもありません。少しでも費用を抑えて運転免許を取得することを考えるのなら、この教育訓練給付金について知るのは近道になるかもしれません。

ここでは教育訓練給付金についての解説をしていきます。合宿免許先を選ぶときに教育訓練給付金が給付されるかどうかはチェックしておいた方がよいでしょう。また、どういった点に注意しないといけないかも合わせて覚えておいた方がよいでしょう。